黎明橋公園ネットオープン(2022.11.13)

11月13日 黎明橋公園 芝刈+養生ネット外し+施肥+おいまき

公園オープンします

お待たせしました!

種まきしてから4週間、冬の芝生ペレニアルライグラスも立派に成長してきました😊

そこで本日は養生ネットを外してオープンします!

作業が始まる前からすでに外す準備をしてくれていたメンバーの皆さん。

何も言っていないのに手分けして作業を開始してくれていました。

これ、結構力がいる作業なんです。要領よく進めてくれて感謝感謝です!

この日は、芝草学会の大会の日ともかぶりいつものうちのメンバーも欠席者がいたり、町会の皆様はバス旅行だったり人数がピンチと心配していたのですが、そんな心配は無用で、サクサク進めてくれています。

本当に素晴らしい。

芝刈り

やはりいつもより参加者が少ないので、柵を外してくれているのと同時進行で9時からすぐに芝刈りを開始しました。

グループを二手に分けてぐるぐる刈りです。

刈り高は30ミリこれも伝えるだけでみんなが各自刈り高を合わせていてくれる。もう素晴らしいです。

刈り方もみんなベテランなのでお任せです。

今日は、イクシバ活動に行くか迷ったという小学生R君。小学生とはいえ、幼稚園時代からきているのでベテランさんなのですが、ゲームの大会?みたいなのがあり、イクシバと天秤にかけたんだと教えてくれました。

両手で天秤をはかるしぐさをしながら、こっちが微妙に重かったからイクシバに来た!!って(^^)そして「来てよかったよー、今日人数少なくてピンチじゃん!頑張って芝刈りする」と宣言。

幼稚園だった子が、周りを見れてこんなこと言うなんて!もう本当に本当にうれしい限りです。

ちよっとみんなが素敵すぎて

あー、芝刈りに必死でごみ袋の準備を忘れてた…と思っていたら、子どもたちが既にゴミはこちらにどうぞ、と待っててくれてます。

どんだけ助かるか。タイミングもばっちりで素晴らしすぎます。

そして、写真にはありませんが、子ども達の息の合った動きが本当にすごいんです。バスケット外す、バスケットの中の刈りカスを二人で手で掻き出しながらごみ袋に入れてくれる。息の合った動き。なかなかできないですよ。そんなことを自然と学んでいくイクシバキッズに毎回感動させられています。

刈りたての芝生の美しいこと。

みんな刈りながらやっぱりきれいだねーと口々に言っています!香りも最高!そして、冬芝の柔らかさと秋の気持ちいい季節とで、真夏の芝刈りとはまた違った楽しみが味わえます。

人が少ないかと心配していた芝刈も気づけば終わっています。

そして肥料

今日は、まだ留肥は早いかもとのことで、

全体に少しだけ肥料をまきました。

これ、中学生男子君、僕がやります!!と力強く立候補。

おー、頼もしいねぇ

でも走るよ? 今日は少量を全面に薄く撒くから小走りでやるんだよ?といっても

やります!!との返事。もう、中学生も立派すぎるのであります。

お任せしました

そして、ごみの片づけや、芝刈り機の片付けもどんどんみんなやってくれています。

 

で、時間余っちゃったよw。

では、おいまきしましょう

肥料をこぼしてしまって肥料やけしたこことか、部分部分にタネをおいまきしました。

タネは、前回鵜住居ラグビー場のグランキーパーさんから教わった方法。

もみもみして刺激をしてからまくことで発芽率を高めます。

すりすり、もみもみ、ぱらぱらとまいた後は、砂まき

 

最後は踏み踏みしておしまいです。みんなでやりました。

お疲れさまでした

そして、来週の告知は

いつも大人が忘れがちなこれ、また忘れてたら、これまた頼りになる小学生君たちが気づいてやってくれたという…

素晴らしすぎるイクシバメンバーたちでした!

探求心旺盛なイクシバキッズのひとりが、この後、砂置き場に最強雑草ハマスゲを植えようとしているところを目撃。

最強雑草甘く見て砂がハマスゲに汚染されたら大変。撒く砂全部ハマスゲまくことになっちゃう。ダメダメあり得ない、と内心思いつつ、まずはヒアリング。

理由を聞くと、育てたいと。なるほど。

なぜ育てたいか聞くと、育てて食べると(((´∀`)))なるほどなるほど。

確かにハマスゲは漢方に使われるらしいです。その話もしたかも。

はまちゃんは、育てなくとも大量に芝生にいるので、今回は育てるのは芝生だけということで話を付けました。

子どもって本当に面白い!!

Let’s SHIBAKARI!!

次回は11月20日 日曜日(9:00−10:00

  • 初心者大歓迎。予約不要・現地集合。体験からどうぞ。
  • スカートNG、スニーカーでお越しください。
  • 軍手とビブスはこちらで準備してます。
  • やっていただく作業は山盛り。いきなり頼りにされちゃいます。
  • 作業は簡単。全然難しくなくて小さいお子さんから大丈夫。
  • 土に触り、日頃のスマホ漬けを洗い流すような気持ちいいスッキリする作業です

初参加の方は15ー10分前きて、ビブスの人に声かけてください。

カモンジョイナス!

自由意志を最大限尊重するあっさりのグループです。1度行けば勧誘される/続けなきゃならなくなる/色々聞かれるなんてのも皆無。誰もそんなことに興味なし。地域の芝生を維持したいだけです。(もちろん気に入ったらどんどん自分のペースでまたどうぞ。)1年に1時間でも見てくれる人がたくさんいる芝生は永らえます。その1年の1時間で良いんです。イクシバに知り合いいなくて単独参加する人ばかり、気負わずにお越しください。みんなそうです。仲間を作る会ではなく、芝生を育てる会。そうしてるうちにここで会う人は気持ちいい・・・そんな感じです。

企業・団体・学校のご担当者様へ 
イクシバは 緩やかにじっくり人と人を繋ぎ、芝生を健康に長生きさせる活動をしています。わたしたちを応援していただけませんか? ボランティアメンバーが頑張った作業後、例えば、毎回イクシバから参加者へ支給するお茶や子どもリクエストのアイスなど、毎回2000円程度の参加者へのサポートをしていただけませんか? 秋には種、春には苗もイクシバで購入しています。イクシバが最も注力するマネージメントは良い芝生づくりあたたかく気持ちの良い組織づくり。ゆえに芝生研究や芝生視察も欠かせません。どうぞ温かいご支援をお願いします。
また、SDGs貢献、地域貢献をイクシバを通して実施してみませんか?イクシバではCSR一環としてのボランティア活動体験も受け入れています。芝生の生育の講座、ゆるくて長続きするコミュニティ作りの講座もご提供できます。
芝生は十分なケアを怠ると大抵3年すれば無くなってゆきますが、ここ黎明橋の芝生は9年目。地域の緑が守られて、多年代の人々が集まり、持続してゆく環境づくりコミュニティづくりをしています。イクシバに参加しない人にも気持ちの良い芝生環境が手に入る。みんなにとって良い活動です。子どもたちもそこで大いに学びます
最新情報をチェックしよう!
>育てる芝生「イクシバ!プロジェクト」

育てる芝生「イクシバ!プロジェクト」

フカフカ緑の気持ちいい芝生家の近くに沢山あるって素敵。 そんな芝生を地域に根付かせ、緑と人の輪を育てることを目的にしてます。

CTR IMG