今年もあと2回の芝生育て(2022.11.27)

 

11月は小春日和の日があったり、冬のような寒さの日があったり、雨が降ったりと気候の変動が激しかったですね。。。

11月も後半になると種まきした冬芝生のペレニアルライグラスも成長を止めて伸びなくなってきます。今日が最後の芝刈りかも??と思いながら芝生君をチェックすると。

のびていませんね。もう芝刈りは必要なさそうです。

季節は秋から冬へと向かっていますね。

芝生育でも四季を感じますよ🍁

というわけで、今日は、雑草取りと前回の続きで一部残っていたネットを全部外します!

作業のはじめに今日の芝生の様子や、作業内容などをみんなで共有します😊

そして、ゲストさんも。

いつもお世話になっている中央区の社会福祉協議会の職員さん2名のボランティア参加です!!

ずっと参加したいと思っていたんです。とおっしゃってくださり日曜朝に来てくれましたよ!

いっつもボランティア活動を援助してくださるだけでなく、実際お休みの日なのに参加してくださり、その中身も知ろうとしてくださる、そしてご自身も楽しんでくださる。本当に社協さんって素晴らしい方ばかり!

どんな活動かなぁ??時になっている方、ぜひぜひいつでも気楽に参加してくださいね。

どなたでも大歓迎です。どんなに口で説明しても参加する方がわかりやすいですから!

さ!はじめます。いつものストレッチから!

体もほぐれて温まったところでさあ、作業開始!

雑草にじっくり取り組む

雑草取り。

地味な作業のようですが、これ、本当に楽しい。

雑草と一言で言いますが、色々な種類があります。雑草で季節を感じることもできます。

そして、種類によって取り方も違います。

地面に向かって土を触りながら、根っこからスポッと雑草が取れた時のスカッとした気持ち。

一人で黙々と作業したり、雑談しながら作業したり。

どっちもどっちもとっても楽しい。

いつもは、お姉さまがたが、やってくれていますが、今日は芝刈りもお休み。

というわけで、やりますよぉーー

タンポポも発見です。

でも、根っこがものすごく深くってなかなか大変なんですよ。なんて初参加の社協のお姉さんに話しかけていたら、、、

なんと、雑草ハンターです。初めて参加とは思えない。

根っこ切れてないじゃないですか!!素晴らしい!!

そしてうちのRくん。こちらも長い根っこをしっかりと掘り出しています。

これ、難しいんですよ!!

んんん??これ何の根っこ?タンポポかと思って根をたどっていたけどどうやら遠くの桜の木の根っこかな?

みんながタンポポ上級になっているから参戦!子ども状態で喜んでます(;’∀’)

雑草作業 たのしい たのしい

ネットを変更

ネット外しは男性陣が頑張ってくれていました。

雑草に夢中であまり写真がないですが。こんなピンクのテープに変更しています。

子ども達は

落ち葉かきに夢中です

公園のお掃除の人がいつもきれいにしてくだっさっているものの、この落ち葉は追いつかないですからね。イクシバの必須な仕事ではありませんが、今日のように余裕のある日(こんな日はなかなかない!)はこんな作業もありあり。

子ども達にとってはこんな作業も楽しい遊びの延長でもあるのです。

お手伝い的なことも楽しみながらの学びです。この遊びから学ぶことって本当に大切。

やらされている作業では嫌な気持ちになってしまいますもんね。やりたくないことから学ぶことって大変。でも、子どもたちはやりたい、興味ある!ことからはたくさん吸収します。

竹ぼうきや熊手などのの道具って使う機会なかなかないですよね。

大人が介入しないで自分たちで工夫しての作業ってなかなかないですよね。

イクシバキッズは時にびっくりするような実験を重ねながら沢山想像力を発揮して作業してくれています。小さいけれど立派なボランティアのメンバーさんです。

ここでは、たまにケンカもありますが、作業面だけでなくコミュニケーションの学びの場ともなっているのです。大人は見守りつつ、子どもたちの素敵なコミュニティも着実に出来上がっていますよ。いつも感心させられるイクシバキッズたちです。

大きな子どもも発見!(^^)!

お疲れさまでした!!

そして、作業後の芝生で ゴロン!!! 気持ちいい~

 

 

今年最後の芝生育てと倉庫のお掃除 そして「やきいも?!」

次回は12月4日 日曜日(9:00−10:00

  • 初心者大歓迎。予約不要・現地集合。体験からどうぞ。
  • スカートNG、スニーカーでお越しください。
  • 軍手とビブスはこちらで準備してます。
  • やっていただく作業は山盛り。いきなり頼りにされちゃいます。
  • 作業は簡単。全然難しくなくて小さいお子さんから大丈夫。
  • 土に触り、日頃のスマホ漬けを洗い流すような気持ちいいスッキリする作業です

初参加の方は15ー10分前きて、ビブスの人に声かけてください。

カモンジョイナス!

自由意志を最大限尊重するあっさりのグループです。1度行けば勧誘される/続けなきゃならなくなる/色々聞かれるなんてのも皆無。誰もそんなことに興味なし。地域の芝生を維持したいだけです。(もちろん気に入ったらどんどん自分のペースでまたどうぞ。)1年に1時間でも見てくれる人がたくさんいる芝生は永らえます。その1年の1時間で良いんです。イクシバに知り合いいなくて単独参加する人ばかり、気負わずにお越しください。みんなそうです。仲間を作る会ではなく、芝生を育てる会。そうしてるうちにここで会う人は気持ちいい・・・そんな感じです。

企業・団体・学校のご担当者様へ 
イクシバは 緩やかにじっくり人と人を繋ぎ、芝生を健康に長生きさせる活動をしています。わたしたちを応援していただけませんか? ボランティアメンバーが頑張った作業後、例えば、毎回イクシバから参加者へ支給するお茶や子どもリクエストのアイスなど、毎回2000円程度の参加者へのサポートをしていただけませんか? 秋には種、春には苗もイクシバで購入しています。イクシバが最も注力するマネージメントは良い芝生づくりあたたかく気持ちの良い組織づくり。ゆえに芝生研究や芝生視察も欠かせません。どうぞ温かいご支援をお願いします。
また、SDGs貢献、地域貢献をイクシバを通して実施してみませんか?イクシバではCSR一環としてのボランティア活動体験も受け入れています。芝生の生育の講座、ゆるくて長続きするコミュニティ作りの講座もご提供できます。
芝生は十分なケアを怠ると大抵3年すれば無くなってゆきますが、ここ黎明橋の芝生は9年目。地域の緑が守られて、多年代の人々が集まり、持続してゆく環境づくりコミュニティづくりをしています。イクシバに参加しない人にも気持ちの良い芝生環境が手に入る。みんなにとって良い活動です。子どもたちもそこで大いに学びます

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>育てる芝生「イクシバ!プロジェクト」

育てる芝生「イクシバ!プロジェクト」

フカフカ緑の気持ちいい芝生家の近くに沢山あるって素敵。 そんな芝生を地域に根付かせ、緑と人の輪を育てることを目的にしてます。

CTR IMG