LINEオープンチャットで最新情報配信!LINEはこちら

芝刈りリーダー・コンポストとカブトムシ?(芝刈り雑草とり2023/09/17)

  • URLをコピーしました!

9月に入って3回目の作業日です。

10月の種蒔きまでの間にやること。普段と同じ、芝刈り雑草とり。

そしてコンポストの再開準備。あとはいろいろ・・・

9時少し過ぎてみんなで今日の段取り共有の時間

目次

体操から

これ、とても大切を実感。しゃがむ作業や持ち上げる作業で腰をギクっとさせないように、しっかり伸ばしてゆきましょう。老若男女が集うイクシバ!。一人一人の力があってこその芝生育て。

芝刈りチーム始動

芝刈りリーダー:

  • 来てる人数・スキルを見極めてのグループ分けする。
  • 予め芝刈り範囲を区切りコーンを置く。各グループに担当してもらう。
  • グループリーダーを決めて、その人に新人さんやフォローそのエリアを委ねる。または、新人さんが多い時は一旦芝刈りリーダーが別枠で説明しグループに入ってもらう。
  • 自分はカス処分や裏方に回りつつ、必要に応じ芝刈り機も押すし、いろんなフォローに回ります。
  • 時間に遅れてくる人のフォローもします。

芝刈りリーダー=全ての芝刈りを完遂させる人。

 

芝刈りリーダーの命を受けて、各班のリーダーはそれぞれの班でみんなと作業手順の共有

いざ!

各班のリーダーは、何度も芝刈りを経験し、芝刈り先頭を担ってる経験者さん。
芝刈りをするとき、行列で行います。その時に先頭でラインを決めるのも大事な作業。そして後ろからついてくる人が線を見誤らないように、先に先にゆかず、いつも後ろを振り向いて、ついてこれてるか気にしながら進めることが本当に大事。

芝刈りってチームワーク。てんでバラバラに好き勝手芝刈りしてると、実は後の修正が大変になるものなのです。イクシバ10年、なんとなく、これがみんなに心地よく効率的、が形作られてきました。

芝刈りって芝生作業の中でも特に花形作業。

五感を派手に総動員して喜び感じれる作業です。

一人一人がそれを満喫する場所づくりをリーダーはさりげなく・・・作ってます。

各グループのリーダーは、困ったことを見かけて、

・・・わお、やっちゃってるな、後で自分で修正しよう、と思うリーダーもいれば

・・・あ、もう一度説明するね!気にしてほしいのは・・・と、再周知するリーダーもいます。

リーダーの個性の出ることろ。色々あって面白い。共通なのはあたたかい空気が流れていますよ!

今日2回目の芝刈り全体のリーダーを担ってくれてるR Pさん。優しいリーダーさん。

まだ未体験の皆様。

芝刈りに、必死、大変!、苦行感というものはないですよ。安心して体験しに来てくださいね。

コンポスト

順調な芝刈りの横では

コンポストが進められています。

先週2個の山にした先週のカリカスは、すっかり嵩が減ってます。

軽そうですが、中では発酵が進んでいて少しじっとりと重く、なかなか大変。これをひとつ山にしてかき混ぜます。糠床かき混ぜるように空気を入れてあげます。

今週のフレッシュな芝カスが運び込まれてきます。

今週は一山。

お次は、昨年のコンポストボックスの整理です。重い重いので先週途中で止めて、今週はその残り。

コンポストリオ_Tちゃんが、スコップで掻き出してくれています。

力の必要な作業を易々行う様をみて、眩しい限り。

カブトムシ!?・・・

おやおや。コンポストやるとカブトムシがやってくると言われていますが、掘り起こすとみてくださいこれ。

これ、そうじゃないですか!!

これ、そうですか?

これ、そうよね??

幼虫たくさん!!寝ています。

晴海にカブトムシがやって来る日がくるといいですね。埋立地で高層ビルに囲まれた環境でも、自然に近づけて良くしてゆけそうだなんて嬉しい限り。カブトくんもうしこしおねんね。

こちら雑草とり

今夏の雑草が命をつなげる作業を真っ最中でタネ飛ばしてます。

お姉さんもお兄さんも子どももお父さんもみんなで取り組んでくれています!

先週の血止め草があった場所

先週作業前↑

先週作業後↑

一週間経った今週作業前↑

今週作業後↑

チドメグサ。クローバーによく似た性質です。時間をかけると退治できそうだ!みんなでやれば大丈夫!

 

さ!作業も終わり

芝吸いタイム

それからみんなでお疲れ様アイスを食べて

今日もお疲れ様でした!

蒸し蒸しの1日だったので、頑張った子どもへのプレゼント

シャワーー

次回の作業は

9月24日 9時ー10時

  • 初心者大歓迎。予約不要・現地集合。
  • まずは一回、体験してね。
  • スカートNG、スニーカーでお越しください。
  • 軍手とビブスはこちらで準備してます。
  • やっていただく作業は山盛り。いきなり頼りにされちゃいます。
  • 作業は簡単。小さいお子さんにもできます。
  • 土(地球)に触ると、日頃のスマホ漬けを洗い流すような気持ちスッキリしますよ!

初参加の方は10分前にきて

ビブスの人に声かけてください。


イクシバサポーター募集しています!

日曜日の芝生育てボランティア活動だけでなく、フェス、コンポストもして、本当に足元の環境を良いこと続けて行こうと頑張ってます。ぜひ!イクシバの理念を支えてください。賛助会員になってください。

サポーター登録はここから


カモンジョイナス!イクシバデビューしませんか?

自由意志を最大限尊重するあっさりのグループです。1度行けば勧誘される/続けなきゃならなくなる/色々聞かれるなんてのも皆無。誰もそんなことに興味なし。地域の芝生を維持したいだけです。(もちろん気に入ったらどんどん自分のペースでまたどうぞ。)1年に1時間でも見てくれる人がたくさんいる芝生は永らえます。その1年の1時間で良いんです。イクシバに知り合いいなくて単独参加する人ばかり、臆せずお越しください。みんなそうです。仲間を作る会ではなく、芝生を育てる会。そうしてるうちにここで会う人は気持ちいい・・・居心地いい、、、そんなあったかな感じです。

企業・団体・学校のご担当者様へ 
イクシバは 緩やかにじっくり人と人を繋ぎ、芝生を健康に長生きさせる活動をしています。わたしたちを応援していただけませんか? ボランティアメンバーが頑張った作業後、例えば、毎回イクシバから参加者へ支給するお茶や子どもリクエストのアイスなど、毎回2000円程度の参加者へのサポートをしていただけませんか? 秋には種、春には苗もイクシバで購入しています。イクシバが最も注力するマネージメントは良い芝生づくりあたたかく気持ちの良い組織づくり。ゆえに芝生研究や芝生視察も欠かせません。どうぞ温かいご支援をお願いします。
また、SDGs貢献、地域貢献をイクシバを通して実施してみませんか?イクシバではCSR一環としてのボランティア活動体験も受け入れています。芝生の生育の講座、自由意志で構成され長続きするコミュニティ作りの講座もご提供できます。
芝生は十分なケアを怠ると大抵3年すれば無くなってゆきますが、ここ黎明橋の芝生は10年目。地域の緑が守られて、多年代の人々が集まり、持続してゆく環境づくりコミュニティづくりをしています。イクシバに参加しない人にも気持ちの良い芝生環境が手に入る。みんなにとって良い活動です。子どもたちもそこで大いに学びます

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次